吊り下げ式とオルガン式

2014.6.13|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車の走行性能というものは、その作り方によって大幅に変わってくるものとなります。それはドライバー自身が感じ取ることができる、操作感覚にまで影響を及ぼすことがあるのです。ですからドライバー自身も、どの車に乗っても同じ、というような安易な考え方はハッキリと捨ててしまって、注意深く用心しながら運転をしていく必要があるのです。

 

例えばアクセルペダルについてですが、このアクセルペダルにも大きく2種類のものがあるということをみなさんはご存じでしょうか。その一つが、ペダルが床から生えているようなタイプのものです。これは楽器のオルガンのペダルにも似ていることからオルガン式とも呼ばれたりします。その他にも上の方からペダルが吊り下げられているようなタイプのペダルもあったりします。むしろ一般的にはこのタイプのアクセルペダルが多く販売されているのでしょうが、このペダルは読んで字のごとく、吊り下げ式と呼ばれるものになります。アクセルペダルにもこのように2種類あるのですが、操作感覚が非常に異なるのです。
特にオルガン式になりますと、その操作感覚は難しく思えることでしょう。床からペダルが伸びていますので、微妙な調節が難しいのです。下手をすると急発進につながる恐れがありますので注意して下さい。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。