フットペダルの仕組み

2014.6.13|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ブレーキやアクセル、クラッチなどのフットペダルは自動車を運転するために無くてはならない装置です。
ブレーキは足で押した力を増大させるために油圧を使います。
足の力を何倍にも増大させて、ブレーキディスクをブレーキパッドで抑えこむ仕組みになっています。
アクセルは、燃料の噴射量を決めるための装置です。
アクセルを踏むと燃料が噴射され、さらに踏み込むと燃料の噴射量が増える仕組みです。
クラッチは、エンジンから伝達してきているギアと、駆動輪のギアとの接続を解除する仕組みになっています。赤ちゃん03
ギアとギアとの接続を解除クラッチペダルを使って解除し、ギアのチェンジを行うことができます。
このように、自動車に付いているペダルにはそれぞれの役割があり、どれも無くてはならないものです。
それぞれのペダルは運転者に合わせて細かな調整が可能です。
踏みしろや、遊び部分を自分に合うように調整するようにしましょう。
細かい調整が苦手な方は、ディーラーや自動車整備工場などで細かく調整してもらうことができるので、利用するようにしましょう。
自分にあった調整ができていない場合、アクセルやブレーキを予想以上に踏み込んでしまったりして事故につながる可能性があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。