もう一つのフロア式

2014.6.13|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車のギヤチェンジをするシフトレバーですが、これは色々な位置に配置されていますよね。
ラジオのスイッチなどがある付近にあるインパネ式やハンドルに取り付けられているコラムシフトなど、
ありますが、もっともポピュラーなのが車体の中心部に配置されているタイプではないでしょうか。
これはフロア式と言う方式でフロアシフトと呼ばれています。

フロアシフトは軽自動車から高級車まで幅広く使われていています。ほとんどの場合、車両の中心部に位置しますが、
例外としてレーシングカーなどは右手で操作するため、車体の右端に配置されていることもあります。

シフトパターンはマニュアルトランスミッションの場合は、前後に動かすとシフトになり、左右に動かすとセレクトになる、赤ちゃん02
H型のパターンがほとんどです。

オートマティックトランスミッションやCVTなどでは前後に動かすことでシフトをするものが多く、
誤操作防止の為にロックボタンがついており、ロックを解除しないとシフトすることができないように、
安全対策を取られているものもあり、また、ゲートの形状をジグザグにすることにより、
誤操作を減らす工夫を施されたパターンなどもあります。

シフトレバーの位置を一つとっても色々な特徴があるのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。